「おでん」がダイエットにおすすめの最強味方食材である理由

141115052020_TP_V

ダイエットって本当に難しい

私たちは人それぞれ体格が違うように、代謝もエネルギーの吸収のしやすさも異なっています。
特に幼少期から太っていた人は脂肪細胞の関係で太りやすいと言われています。
アスリートとかボディビルダーのように毎日の日課として運動するような人ならともかく、
一般人の私たちには学生時代のように運動に向けられる時間も熱意もありませんよね。

ダイエットに求められる3条件とは

これまで古今東西ダイエット向きの食材が世に現れてきました。
ダイエットを無理なく続け成功させるためには、次の3つの要素を満たすことが最低条件です。
しかしこの条件が非常にハードルが高いため、ダイエットで挫折してしまう人が多いのです。

どうでしょう。いかに難しいかお分かりいただけたでしょうか。
「おいしいものは脂肪と糖でできている」という有名なキャッチコピーが思い出されます。
そうなんです。この3条件を全て満たす食事というのはなかなかありません。

サラダチキンなどがよく注目されますが、サラダチキンは長期間のダイエットには不向きです。
理由は簡単です。「飽きるから」と「鶏料理としての上位互換があるから」です。
私もサラダチキンを食べてダイエットに励んだ時期がありましたが、どうしても同じ鶏のから揚げなどがチラつきました。
いくら改良されて美味しくなったところで、似た食材を使った圧倒的に美味しい食事の誘惑があると、挫折してしまいます。

美味しいから積極的に食べたい」ぐらいの食事でないと、続けることは難しいでしょう。

このダイエット3条件の高いハードルを飛べるダイエット食事が、おでんなんです。

おでんの凄い所①糖質や脂質が低い

おでんの代表的な食材である大根・こんにゃく・卵など…
とにかく低糖質低脂質の優秀な食材ばかりです。

おでんの凄い所②満腹感が得られる

大根は食物繊維たっぷりで、お腹の中でかなりかさ増しになります。
汁を吸う食材が多く、低カロリーで満腹感がかなり得やすいです。

おでんの凄い所③具材が多彩で飽きにくい

おでんは具がいっぱいあります。
食物繊維たっぷりの大根に胃腸に嬉しいしらたき、
高たんぱく低糖質の卵など、優秀な食材のオンパレードです。
味付けが和風なのもあり、かなり飽きにくいと思います。

おでんの凄い所④便通まで良くなる

おでんは大根やしらたきなど、便通を良くする食材がいっぱいです。
普段肉ばかりたべている方には効果テキメンだと思います。

おでんダイエットの注意点

コンビにでおでんを買う際にも気を付けたいことですが、
もち巾着や麺類など、炭水化物を多く含む食材は不向きです。
せっかくヘルシーなおでんに多くの糖質を持ち込むことは控えましょう。

個人的にこれが一番オススメ

経験上これ買うのがいっちゃんおススメかなぁと思います。
自分で作ると手間がかかるし、コンビニで買うと高くつくんですよね。
あと「一食分」がきっちり分けられて入ってるのが、ものぐさな自分には非常に嬉しいです。
一食が300円以下なんでコンビニおでんよりかコスパもいいです。通販サイコー。